台風災害において長野ダーツ協会よりお知らせ致します

2021.02.14

台風災害において長野ダーツ協会よりお知らせ致します
お知らせが 大変遅くなりました事 お詫び申し上げます
2019年 台風19号過去最強クラスで、長野県内も千曲川をはじめ複数の河川が氾濫、各地で土砂崩れが発生するなど大規模な災害になりました
台風でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の皆さまにお悔やみを申し上げます。

また、被災された皆さまに謹んでお見舞いを申し上げます

今回の台風災害にこれらの状況を受けて被災地や被災者支援を目的に
支援募金として
各店舗にて、2019年度より募金箱を設置、また、2020年2月に行いました

NDAチャリティートーナメント長野大会にて会場内にも募金箱を設置、大会での、経費を除いた利益分全てを
各市町村に支援金としてお渡ししました。支援金の合計金額は
1.010.352円
各市町村へ、168.392円大会では、沢山のプレイヤーさんに 協力して頂きありがとうございました

本当に皆様の温かいお気持ち頂きました

集まりました支援金は
長野ダーツ協会が責任を持って
長野市
飯山市
須坂市
千曲市
上田市
佐久市へお渡したいと思います

一日も早い復興をお祈りいたします

沢山のご協力ありがとうございました

一般社団法人
NDA 長野ダーツ協会
理事長 松林 良治

長野ダーツ協会 1594036882682 15929886782731593108880609

5月28日(木)  一般社団法人長野ダーツ協会が令和元年東日本台風災害支援金を市に寄付

長野ダーツ協会.jpg

▲左から岡田昭雄市長、松林良治理事長

 

一般社団法人長野ダーツ協会(千曲市)の松林良治理事長が市役所を訪れ、令和元年東日本台風災害への支援金168,392円を寄付しました。
この支援金は2月16日(日)に開催された「長野ダーツチャリティートーナメント」で集められたものです。松林理事長は「台風災害だけでなく新型コロナウイルスの影響もあり大変な状況ですが、復興に役立ててほしいです」と話し、支援金を市長へ手渡しました。岡田市長は「ダーツバーなどは新型コロナウイルスでかなり厳しい状況だと聞いています。そんな中、このような活動をしていただいたことは大変うれしいです。復興に向けた活動に役立たせていただきます」と感謝を述べました。
長野ダーツ協会は、支援金として集まった1,010,352円を千曲市をはじめ、令和元年東日本台風災害で被災した長野市、飯山市、須坂市、上田市、佐久市の県内6市へ寄付する予定です。

2020年5月のちくまトピックスより

274226